面接に好印象!履歴書・職務経歴書書き方のポイントを教えます

転職活動に必須な書類履歴書と職務経歴書、手間がかかるし大変ですよね。ですが、書類選考でまず重要なこの2種類…特に職務経歴書は書式自由の上サイト等の見本を見てもよく分からなかったりします。頑張って作成した書類、失敗や徒労に終わりたくないですよね。私が実践し好印象を持ってもらう事が出来た作成時のポイントをあげていきますね。

履歴書のポイント

  • まず手書きかPCかで分かれますが、手書きをお勧めします。PCがOKの会社も多いですし手間も省けますが、PC能力は職務経歴書で分かるし差別化できません。
    手書きだと字が綺麗か読みやすいかでポイント上げられます。手書きの機会は仕事では中々ないかもしれませんが、字が綺麗だと(特に年配の)面接官に好印象を与える事が出来る事が多いです。また綺麗ではなくても読みやすく丁寧であれば面接者の真面目な性格が読み取れるのでこれも好感度が上がります。
    特に字が綺麗だと褒められる方は手間でも手書きをお勧めします。
  • 証明写真はカラーで上半身だけとはいえきちっとした格好で取ります。
  • 学歴・職歴
    学歴は新卒以外職歴ほど重視されないので、最終学歴とその前の部分を記入すればいいです。(専門学校卒なら高校卒業と専門学校の入学と卒業年)
    職歴が多い人は職歴記入欄は悩みどころですが、あまり並べるとそれだけで見る側からうんざりするので省略するところは思い切って省略します。
    (社会保険未加入やあまりにも短い期間、かなり昔の職歴など)
    非正規の部分は1行で1つの会社で済ませるようにし、入社年月、会社名(退職年)を記入します。(退職理由は未記入で聞かれたら契約満了と答えました)
    資格は取ったきり活用していない資格も含めて折角取得したのだから記入してください。ただし不安な場合は補足記入するか、面接時に口頭で説明します。志望動機は多めにしっかり書きます。ここで見本通り社風に惹かれてなどテンプレ状態だと話にならないので自分で思った分を記入してください。
    また条件に合うからしか考えられない場合は、現実的観点から書くのも一つのポイントです。生活力をあげる為や自活する為も立派な動機ですし、夢とかあいまいな描写をするより説得力あります。

職務経歴書

  • 用紙サイズはA4サイズで入力し、出来るだけ1枚にまとめます。
  • 職務経歴は色々な入力スタイルがありますがお勧めは表スタイルです。
    2列に分けて左が期間と社名(総期間)○年○月~○年○月○○会社(○年○か月)、右に仕事内容を箇条書きに入力します。
    表スタイルで箇条書きにするととにかく見やすいので、面接官に簡潔にすっきりと伝えやすくなります。自己PRは気恥ずかしい時は仕事への姿勢に見出しを変えて、今迄の仕事への姿勢をプラス内容に変えて書くと事実なので書きやすいです。
    また文章は必ず、ですます調で丁寧な文章にします。

まとめ

これはハローワークやカウンセリングで指示を受けて実践した内容です。最初は一人で手探りで作成していたのですが、やはり第三者に見てもらうと思いつかなかった点が分かったり、改善点を発見できるのでお勧めです。
そして書類はずらずらと長文だと見る気も失せてしまいますからとにかく見やすくが大事です。
面接が苦手な方こそ事前準備できる書類をしっかりまとめておくと面接時緊張を減らす事が出来ますし、口頭説明も減らす事も出来るので心情的に楽です。
書類作成は大変ですが、よりよい書類作成を目指して面接に臨んでください。

 

参考サイト

仕事辞めたい!20代・30代・40代・50代別に考えるべきこととは

フリーターの正社員就職支援のJAIC

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です