履歴書・職務経歴書の書き方をハロワで学んで書類選考に勝つ

転職活動って不安ですよね。学生の時みたく、みんなで一斉に就職活動という事は有り得ません。就職活動は一人。

転職期間中は、ヤングハローワークやハロワで、求人を眺めたり、ネットで転職サイトや、転職エージェントに登録したり、地元の求人広告や新聞の求人欄に目をやる日々。孤独ですよね。

で一番の転職の難関は、最初の書類送付ではないでしょうか?

 

書類送付が大事な理由

 

私は特別な資格や実績も無いんです。写真も見栄えがいいわけでもない。なので、最初の書類選考が大きな壁に。ココが通過しないとそもそも面接に行きませんし、実際に会う事すらできません。

履歴書一通作るのだって、相当な手間ですよね。まぁ今はパソコンで打てるけど、でも結構大変なんですよね。送っても送っても面接まで行けず、、仮に行けても、競争があるので無理なんですよね。

で重要なのは、最初の履歴書を作るところです。兎に角面接に行けるように、履歴書&職務経歴書で競争に勝つ事なんですよね。

転職系サイトにも色々書き方が載っているけどなかなか参考にならなくないですか? どうも自分には合わないなんて事ばかり。職務経歴書のフォーマットも何かいていいか分からないですよね。

で私は他の人に差を付けるために、ハローワークの履歴書&職務経歴書の作り方のキャリアカウンセリングを受けました。

コレは相性があるので一概には言えませんが、なかなか良かったんですよね。

まずポイントは、雇用主の目線で書く事。例えば職務経歴書に職歴を書くにしても何を書けばいいのか分かりませんよね。◯◯の業務を行っていた等というものをただ羅列しますよね。でそれが何の役に立つのかっていう~~、あいまいなものです。

しかも採用者が他人の今までやってた仕事読んでも余り意味が有りませんよね。興味ないし面白くないと思います。

なのでポイントは、今回の求人、求人票に書かれている募集要項に沿った内容を書くという事。例えば求人が〇〇事務というのがあれば、今迄事務職していたら、仮に営業でも2割位は事務してましたよね。

それを全面に出して、事務やってましたいう事をアピールする。要は、ココで営業力をアピールしても意味がありません。事務が丁寧であると褒められて営業力で培った対人能力を生かして社内の対人関係をスムーズに進められるという事をアピールするんです。事務を求めてるのに営業実績乗せても意味が有りませんよね。

そうすると、人事担当者は、この人良さそうだな、会ってみたいなと思ってくれるかも。最初は書類選考で選ばれる事。

ちょっと手間をかけて他の人の群を抜きましょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です