転職を有利に進めるために必要なポイントは?

現在、新卒採用市場では売り手市場と言われる学生主体で就職活動が出来る状況となっています。それは、転職市場でも同じような事が言える現状です。どの業界でも、多くの求人を求めています。そんな中でも自分の希望する企業へ内定をもらうためのポイントを整理していきます。

まず一つ目は、競合他社の調査が必ず大事になります。なぜその企業に行きたいかということは、新卒採用でもそうですがその時以上に細かい事を理由として挙げなければいけません。単純にこの業界に行きたい・この会社は給料がいいから入りたいという理由だけでは内定をもらうことは難しいです。

ここで必要になってくるポイントは、入りたい会社に対してのアピールポイントとして、細かく知っているという点と、きちんと業界の事を把握しているということを伝えなければいけません。
続いて大事になるのは“即戦力になる”という点を全力でアピールしなければいけません。
採用側からすると、すぐに力になる人を求めます。それは、営業力を求める場合でも技術職を中心とする内勤業務でも必要になります。前職の業務はどのような事をしていたのか、その力を会社で度のように貢献することが出来るかをアピールしなければいけません。

営業であれば、前職でO円分の改善を図ることが出来た、内勤であれば事務所の作業効率を改善をできたといった具体的な数字を示す事が大事です。
最後に大事になるのが、“この会社で活躍したい”という意志表示が必要になります。採用側にとって見るポイントとして、“転職者が会社の風土や仕事内容にマッチする姿を見せれるか”という点です。エージェントを使用するなどであれば、もとより情報が細かく伝わっている可能性は高いですが、転職サイトだけだと人事部の方にも初対面で最終選考というパターンも多くあります。そのため、いかに個人の熱意を伝える事が出来るかによって、採用・不採用が決まってしまいます。活躍できるフィールドはここです、という確固たる決意を示すことが採用への近道へとなります。

まとめとして、“競合他社の調査・行きたい会社との比較”“即戦力アピール”“活躍したいという意志表示”の3点をしっかり守れば、採用は頂けます。ただし、注意しなければいけないのは、転職者である以上、新卒採用の基準では認められません。必ず社会人を経験した目線で様々な事を話す事が必要だということを改めて意識してください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です